2017年ゴルフコンペ開催 8月3日(木)


中央大学白門会長野支部ゴルフコンペを、8月3日(木)長野京急カントリークラブにて開催した。

ゴルフ会幹事を中山耕平氏に務めてもらい、今回は総勢15名の参加者となった。
競技は新ペリア方式で行い、優勝は副支部長の駒津健一さんで、なんと昨年に引き続き大会2連覇を達成した。

優勝者には伝統の大きな優勝カップとゴルフ場寄贈のボストンバッグが贈られた。
飯綱山麓を渡る涼風のもと、絶好の天気にも恵まれ学友世代を超えて楽しいゴルフの1日となった。

 


2017年度・学術講演会開催 7月23日(日)

7月23日(日)14時より、長野バスターミナル会館4F国際ホールに於いて学術講演会を開催した。

中村隆次支部長より開会挨拶があり、渡辺雅義幹事長が進行役を務めた。

講師は本学より加賀野井秀一理工学部学部教授をお招きして、「情報過多社会をどう生きるか -ポスト・トゥルース時代の到来-」 というテーマでご講演いただいた。

現代社会においてはさまざまなツールが発達し、むしろ情報が多すぎて真偽を確かめるのも施策を深めるのも難しくなっている。こうした状況にどのように対峙しどうすればしっかりしたオピニオンを持ち得るのか、この課題に対し様々な角度から実例を挙げ検証し分りやすくご講演いただいた。

当日はあいにくの雨模様となったが、時宜を得たテーマに60名余りの参加者は熱心に聴講し、駒津健一副支部長の謝辞をもって講演会は終了となった。

 


中信支部総会に出席 6月3日(土)

6月3日(土)17時より、中央大学学員会 長野県中信支部の総会が松本市のホテルモンターニュ松本で開催されました。

長野支部からは、村松副支部長と渡辺幹事長が出席しました。

来賓として大学からは、大村理事長、林常任理事、学員会から高嶋副会長が出席。

ほかに飯田白門会の今井支部長、藤沢白門会の片岡支部長、白門会川崎支部の森山支部長、父母連絡会の湯本支部長らも出席しました。

総会では昨年開催された65周年記念事業の総括報告が行われました。

続く懇親会では、なごやかに来賓、支部会員の懇談が行われ最後は校歌斉唱で再会を期し終了いたしました。


定時学員総会にて石井前支部長表彰 5月13日(土)

5月13日(土)、東京・御茶ノ水の中央大学駿河台記念館に於いて、

平成29年中央大学学員会の定時協議員会・定時学員総会が開催されました。

総会において支部長表彰が行われ、長年にわたり白門会長野支部の運営に尽力された石井前支部長に対し、学員会長より感謝状と記念品の授与が行われました。

 



春の役員会・お花見懇親会を開催 4月21日(金)

4月21日(金)18時より支部役員会と春のお花見懇親会を長野駅前の宴席油やで開催した。

 支部役員17名が出席し今年度の事業内容を協議、確認した。

 役員会終了後、懇親会参加の支部会員7名も合流し、お花見懇親会を盛大に開催、懇親を深めた。

 

<議事内容>

1.支部役員人事

 現在副支部長は3名だが、1名増員し4名体制にする。

 〇新副支部長 村松友春氏(S44法)

 

2.支部会員(会費)状況 現在159名 

 170名を目標に今後も勧誘活動を行う。

 

3.今年度の事業内容・日程について

〇学員会全国支部長会議

 5月12日(金)中央大学神田駿河台記念館 中村支部長出席

〇学員会定時協議会・定時総会

 5月13日(土)駿河台記念館 渡辺幹事長出席

 *定時学員総会に於いて、石井前支部長が学員表彰を受けられます。

 〇父母連絡会長野県支部総会

 6月25日(日)メルパルク長野 渡辺幹事長出席

 〇2017年中央大学学術講演会

  日 時  7月23日(日)受付13:30 講演会14:00~15:30

  会 場  長野バスターミナル会館

  講 師  加賀野井 秀一先生(中央大学理工学部教授)

  演 題  情報過多社会をどう生きるのか

      聴講無料

  問い合わせ 村松友春副支部長(090-1762-9558)  ・渡辺雅義幹事長(090-2152-1477)

  〇ゴルフコンペ

  日 時  8月3日(木) 8時スタート・3組

  会 場  長野京急カントリークラブ

  担 当  駒津寛典氏・中山耕平氏(事務局幹事)

 〇秋の役員会・懇親会 10月予定

 〇長野支部定時総会

  日 時  11月10日(金) 18時~

  会 場  ホテル国際21

 

4.長野支部125周年について

 長野支部の創立は明治27年、今年で123年を迎える。

 来る125周年に記念事業を企画したい。アイデアを募集中。

 


長野支部 正副支部長・幹事長会議 2017年2月23日(木)

今年度の事業計画案等を協議する正副支部長・幹事長会議を2月23日(木)18時より長野駅前の宴席油やで開催しました。メンバーは中村支部長、中村(重)・小林副支部長、渡辺幹事長、村松・倉田副幹事長、事務局からは駒津(寛)幹事の計7名が出席しました。今年度各事業の日程や支部役員人事、支部会員(会費)状況、125周年に向けての考え方等を話し合い、来る4月21日の支部役員会に議題として上程するはこびとなりました。


中信支部65周年祝賀会に参加 11月27日(日)

11月27日(日)中信支部の65周年記念祝賀会に、長野支部から中村支部長、渡辺幹事長、村松・倉田副幹事長、高見沢・石井顧問、兼沢幹事の合計7名が参加しました。キッセイ文化ホールで行われた午前中の記念式典、午後の中央大学音楽研究会吹奏楽部公演、夕刻は東急REIホテルに会場を移し懇親会に参加、中信支部の小林支部長ほか支部の皆さん、藤沢支部からお越しの幹部の皆さんと懇親を深めました。

 


白門ミーティングに出席 11月23日(祝)

11月23日(祝)に東京新宿の京王プラザホテルに於いて、関東・甲信越支部を対象とした白門ミーティングが開催され、長野支部からは駒津副支部長と渡辺幹事長が出席しました。学員会からは久野会長ほか副会長8名、大学からは深澤理事長はじめ常任理事5名が出席しました。関東甲信越ブロックに対する白門ミーティングは今回が初めてで、エリア17支部28名が出席し、大学からは中央ビジョン2025の説明と協力要請があり、続いて各支部の状況を含め意見交換が行われました。なかでも今回出場が途絶えた箱根駅伝に向けて、強化策等に対する質問、意見が多くかわされました。また支部の若手会員の確保に向けての状況など、活発な意見交換がなされました。


2016年度長野支部総会を開催 11月11日(金)

11月11日(金)、ホテル国際21・1F藤の間にて、2016年度の白門会長野支部定期総会が開催され、会員80名余りが出席した。

来賓として、学員会から大木田守副会長、中信支部から小林治雄支部長と肥後橋金光幹事長、父母連絡会から湯本光雄支部長、夏目修巳副支部長をお迎えした。

渡辺雅義幹事長が司会を務め、石井和男支部長が挨拶を述べた。祝電披露の後、石井支部長を議長に選出。議事に入り事業報告並びに決算報告、会計監査報告等が審議された。また今年は支部役員改選の年に当たり、3期6年務められた石井支部長が退任、新たに副支部長の中村隆次氏が新支部長に選任され挨拶した。支部の新役員体制の名簿も配布された。議案はいずれも異議なく承認された。

続く懇親会は長野朝日放送アナウンサーの松坂彰久幹事が司会にあたり、大木田学員会副会長の挨拶・乾杯の発声で始まり、この11月27日に65周年の記念事業を企画している中信支部の小林支部長、また父母連絡会の湯本支部長からもご挨拶をいただいた。今年は初参加会員が14名を数え賑やかに自己紹介が行われた。続くお楽しみ抽選会は学員企業各社に賞品協賛してもらい、メロンをはじめとして豪華賞品が集まり大いに盛り上がった。それにつけても今総会で来賓、役員、学員各位から出てきた言葉、皆の切なる願いは箱根駅伝の復活であった。

懇親会も大詰め、ラストは応援団員だった土屋大樹幹事の熱のこもったエールが行われ、ブラスバンドの生演奏をバックに全員が一つの輪となり、応援歌、惜別の歌、校歌斉唱を行ない、来年の再会を期し懇親の宴を終えた。


2016年度ゴルフコンペ開催

中央大学白門会長野支部ゴルフコンペを、102日(日)長野京急カントリークラブにて参加9名で実施しました。
飯綱山麓のゴルフ場では、9月の長雨や朝晩の冷え込みで周りの木々も色づき始めたところ、絶好の天気にも恵まれ学友世代を超えて楽しいゴルフになりました。
競技は新ペリア方式で行い、優勝は副幹事長の駒津健一さん、準優勝は森山博文さんでした。優勝者には伝統の大きな優勝カップとゴルフ場寄贈のボストンバッグが贈られました。
今年は当初830日の予定でしたが、大型台風の接近により急遽10月に延期しての開催。例年は猛暑時季でしたが、今回は秋風さわやかな中でのコンペとなりました。


2016年度学術講演会を開催

7月30日(土)14時より、長野バスターミナル会館4F国際ホールに於いて学術講演会を開催した。

石井和男支部長より開会挨拶があり、渡辺雅義幹事長が進行役を務めた。

講師は本学より阿部正浩経済学部教授をお招きして、「一億総活躍社会」の背景と行方 -これからの日本社会と働き方- というテーマでご講演いただいた。

国が掲げる一億総活躍プランの基本方針に対する日本の現状と課題、そしてその処方箋について分りやすくご講演いただいた。時宜を得たテーマに80名余りの参加者は熱心に聴講し、中村隆次副支部長の謝辞をもって講演会は終了となった。

また今回の講演会には中信支部の小林治雄支部長はじめ支部役員5名の方にもご参加いただいた。

講演会終了後、長野支部と中信支部の役員で阿部先生を囲んで懇親会を開催、自己紹介の後、講演会や大学の話題に花が咲き懇親を深めた。


春の役員会・お花見懇親会を開催

 2016年4月22日(金)18時より支部役員会と春のお花見懇親会を長野駅前・海鮮問屋八風で開催した。

 支部役員19名が出席し今年度の事業内容を協議、確認した。

 役員会終了後、支部の会員5名も参加しお花見懇親会を盛大に開催、懇親を深めた。

 

<議事内容>

1.転勤等で異動になった支部役員の変更報告

 〇新役員 幹事 駒津寛典氏(S62商)

 

2.今後の事業日程について

〇2016年中央大学学術講演会

  日 時  7月30日(土)受付13:30 講演会14:00~15:30

  会 場  長野バスターミナル会館

  講 師  阿部 正浩先生(中央大学経済学部教授)

  演 題  「一億総活躍社会」の背景と行方 -これからの日本社会と働き方-

      聴講無料

  問い合わせ 村松友春副幹事長(090-1762-9558)

 *当日16:00より阿部先生と中信支部幹部交えて懇親会を開催します。会場:長野駅前 油や(会費5000円)

 

〇ゴルフコンペ

  日 時  8月30日(火)

  会 場  長野京急カントリークラブ

  問い合わせ 駒津健一副幹事長(090-3148-0237)

 

〇秋の役員会・懇親会 10月予定

 

〇長野支部定時総会

  日 時  11月11日(金) 会場未定

 

〇中信支部との交流会

  日 時  11月27日・「中信支部65周年記念総会」 


2016年 第1回正副支部長・幹事長会議(平成28年2月10日)

平成28年2月10日(水曜日)、ホテル国際21にて開催。

支部会員状況、事業計画、中信支部との交流に関して協議した。

 

【2016年事業計画】

4月

春の役員会、懇親会 4月22日

5月

学員全国支部長会議 5月20日

定時協議会・定時学員総会 5月21日

7月

父母連絡会長野県支部総会

学術講演会

8月

懇親ゴルフコンペ

10月

秋の役員会、懇親会

11月

長野支部総会

 

【中信支部との交流・懇親】

▽学術講演会後、講師と中信支部役員を交えての懇親会を検討

▽11月27日の中信支部65周年記念式典に出席を検討

 


中央大学白門会長野支部 総会・懇親会(平成27年11月6日)

11月6日(金)、ホテル国際21にて白門会長野支部定期総会を開催し、会員70名余りが出席した。来賓として、学員会から大木田守副会長、中信支部から小林治雄支部長と肥後橋金光幹事長、父母連絡会から小池民雄支部長、湯本光雄副支部長をお迎えした。渡辺雅義幹事長が司会を務め、石井和男支部長が挨拶を述べた。祝電披露の後、石井支部長を議長に選出。議事に入り事業報告並びに決算報告、会計監査報告等が審議された。新たな事業として中信支部との交流を深める計画も報告された。議案はいずれも異議なく承認された。続く懇親会は長野朝日放送アナウンサーの松坂彰久幹事が司会にあたり、大木田学員会副会長の乾杯の発声で始まり、来賓挨拶、初参加会員の紹介やお楽しみ抽選会で大いに盛り上がった。ラストは応援団員だった土屋大樹幹事のエールが行われ、ブラスバンドの生演奏をバックに全員が一つの輪になり、応援歌、惜別の歌、校歌斉唱を行なった。来年の再会を期し、中村重一副支部長の中締めにより懇親の宴を終えた。


中央大学白門会長野支部ゴルフコンペ(平成27年8月2日)

平成27年度中央大学白門会長野支部ゴルフコンペを、8月2日(日)長野京急カントリークラブにて参加11名で実施。飯綱山の南東山麓標高950mの高原に唐松白樺林で完全にセパレートされたフラットなホールで素晴らしいコース。しかし、ここのところの猛暑で高原でも非常に暑く「熱中症」に注意しながら「ペットボトル」片手に汗を拭きながらのプレイ!なんとか猛暑の中、全員元気無事にホールアウトできました。競技は新ペリア方式で行い、優勝は幹事長の渡辺雅義さん、準優勝は宮下忠之さんでした。35回を数える伝統の優勝カップとゴルフ場寄贈のボストンバッグが、石井支部長より渡辺さんに手渡されました。また、本年度優勝者のために前年度優勝の松橋孝男さんから「2015年優勝杯レプリカ」の寄贈がありました。今年も白門会OB長野支部での楽しいコンペとなりました。来年からの開催は、参加された皆様からの要望もあり「平日開催」としますので、中央大学OBの方はふるってご参加ください。


2015年度中央大学学術講演会(平成27年7月12日)

7月12日(日)午後2時より長野市の長野バスターミナル会館にて学術講演会を開催した。講師に中央大学経済学部長の谷口洋志先生をお迎えし、演題「アベノミクスの経済政策-アベノミクスは何を実現したのか?-」のご講演を拝聴した。株価変化の原因や経済政策の目的・手段、そして3つの矢はいつ放たれたか等を、2012年から15年における経済・社会状況に照らしてつぶさに検証していった。そして日本経済に必要なのは成長戦略ではなく、個人・組織のイノベーション競争であると結んだ。谷口先生の示唆に富んだ、またウィットのある講演に80名の参加者は熱心に耳を傾けていた。


2015年 第1回中央大学白門会長野支部 役員会・懇親会

 

 

 

 

 

 

 

 

平成27年4月24日(金曜日)、長野駅前の「宴席 油や」にて開催。

新役員の選任、長野支部規約の改正、7月の学術講演会、8月のゴルフコンペの日程などを確認した。

役員会に続いて、恒例の懇親会をおこなった。

役員会での決定事項は以下の4点。

  

一.【新役員】

〇副支部長  中村重一(S47法)・小林邦一(S48商)

〇副幹事長  倉田博光(S56商)

〇会計監査  小澤輝彦(S45商)

〇事務局長  関武志(H4商)

〇事務局次長 山本直人(H1経)

〇幹事    川島常照(S55文) 長野市立図書館長

〇幹事    土屋大樹(H9文)  長野県信連

〇幹事    伊藤亜希子(H10法)すそ花法律事務所

二.【規約改正】

円滑な支部活動推進のため、幹事の中から若干名で組織する事務局内に

事務局長1名、事務局次長1名を置く。

(長野支部規約第5条の改正)

三.【学術講演会】

7月12日(金)受付13:00~ 講演会14:00~15:30

会場:長野バスターミナル会館

講師:谷口洋志氏(中央大学経済学部長)

演題:アベノミクスの経済政策 -アベノミクスは何を実現したのか-

四.【その他の事業計画】

○中信支部との交流会を計画中

○8月2日(日)に長野京急カントリークラブにてゴルフコンペを開催予定


中央大学白門会長野支部 総会・懇親会(平成26年11月13日)

1113日(木)、ホテル国際21にて定期総会を開催し、会員60名が出席した。来賓として、大学から林勘一常任理事、学員会から高嶋民雄学員会副会長、父母連絡会から山崎典夫支部長、小池民雄副支部長をお迎えした。渡辺雅義幹事長の司会で進行。開会に先立ち、今年逝去された山口文男前支部長と星沢哲也副支部長のご冥福を祈り全員で黙とうを捧げた。続いて石井和男支部長が挨拶を述べた。議事に入り事業報告並びに決算報告、会計監査報告、役員人事等が報告審議され、いずれも異議なく承認された。続く懇親会は長野朝日放送アナウンサーの松坂彰久幹事が司会にあたり、来賓の林常任理事の挨拶、高嶋学員会副会長の乾杯の発声で始まり、初参加会員の紹介やお楽しみ抽選会で大いに盛り上がった。ラストはブラスバンドの生演奏をバックに全員が一つの輪になり、応援歌、惜別の歌、校歌斉唱をおこない、中村隆次副支部長の中締めにより懇親の宴を終えた。


2014年 第3回中央大学白門会長野支部 役員会(平成26年10月10日)

平成26年10月10日の金曜日、長野駅前の「宴席 油や」にて開催。

今年度の長野支部総会について、渡辺幹事長より運営・動員計画案が提示され、役割分担とともに準備の進め方などを確認した。

役員会での決定事項は以下の3点。

一. 11月13日の支部総会に向けて、役割分担を確認し、準備を進めていく。

二. 役員の改選期にあたり、全員に留任の意思があるか確認をおこなう。

三. 役員人事

   幹事・河原田永子氏が退任。(県外へ転勤のため)


菅平で合宿中の駅伝部・ラグビー部を激励(平成26年8月24日)

 スポーツ合宿の聖地・菅平を眼前に望む、長野支部。この夏は8月24日(日)、支部を代表して牧聡副支部長が菅平で合宿を張る、学友会体育連盟陸上競技部・駅伝部、ラグビー部を激励、応援に馳せ参じた。

 午前は当支部会員であり陸上部OB・立花宏之氏の導きにより、木下澄雄総監督と共に牧副支部長が駅伝部の30キロ走の伴走車に乗り込む。道中、緑鮮やかな高原野菜畑を縫い、起伏に富んだ周回コースを懸命に駈ける選手達に惜しみない声援を送り続けた。程なくロード走ゴール後、木下総監督はエース新庄翔太選手を中心に順調な仕上がりであることを宣べ、来る箱根駅伝予選突破はもとより、本大会での奮闘に期待が膨らんだ。

 午後はラグビー部練習試合を父母連絡会・山崎典夫支部長と合流し応援。のぼり旗はためく下、関西の強豪天理大とのBチーム同士の一戦は31-31で共に譲らず、Aチーム同士の一戦は前半互角も7-26と、緑が眩しい芝の上で熱戦が繰り広げられた。

 菅平は激励に訪れた、須坂市在住・牧副支部長のまさに自らの庭。この地が実りの秋を目指し、ひと夏に鍛える中大健児にとって、飛躍の地になることを切に願い、山を下りた。

(事務局幹事・山本直人)


中央大学白門会長野支部ゴルフコンペ(平成26年8月2日)

平成26年度中央大学白門会長野支部ゴルフコンペを、8月2日(土)長野京急カントリークラブに於いて参加13名で実施しました。

飯綱高原は朝から日差しが照り付ける好天気で、汗を拭きながらのプレー。昼食後は雷雲が立ち込め、雷も鳴りはじめましたが、その後すぐに天気も回復し、全員無事ホールアウトできました。

競技ルールは新ペリア方式で行い、優勝は松橋孝男さん、準優勝に幹事長の渡辺雅義さんでした。

34回を数える伝統の優勝カップが今回久しぶりにお目見えし、その大きなカップとゴルフ場寄贈のキャデイーバッグを、石井支部長より優勝者の松橋さんに手渡しました。

またこの日は長野京急カントリークラブプレーヤー全員での会場祭コンペも開催されており、いわゆるダブルコンペで、こちらはアウトスタートの部・立花宏之さんが63名参加での優勝に輝きました。

今年も白門OBでの楽しいコンペとなり、来年の出場も誓い、終了しました。

(副幹事長・駒津健一)

 


2014年度中央大学学術講演会(平成26年7月12日)

中央大学文学部の宇佐美毅教授の学術講演会「テレビドラマは時代を映す~『家政婦のミタ』『半沢直樹』から2014年ドラマへ~」が12日、長野市の長野バスターミナル会館で開かれた。宇佐美教授は、テレビドラマはその時代の状況や人びとの気持ちを受けとめているとし、ヒット作には時代との強い関連や必然性が見られるなどと説明。70人余が耳を傾けた。「家政婦のミタ」や「半沢直樹」の記録的高視聴率や社会現象化は、作品構造や時代背景などが要因と指摘。またNHK「朝ドラ」の好調にもふれ、「趣味・娯楽ではなく、日課として生活リズムとしての視聴形態がうけている」と述べた。


2014年 第2回中央大学白門会長野支部 役員会・懇親会

平成26418日の金曜日、長野駅前の「宴席 油や」にて開催。

第1回の役員会にて了承された、宮下忠之氏・中村重一氏・中山耕平氏の3名から、新役員就任のあいさつをいただき、7月の学術講演会、8月のゴルフコンペの日程確認、準備の進め方などを確認した。

役員会に続いて、恒例の懇親会をおこなった。

役員会での決定事項は以下の3点。

一. 今後の会員増強・各種行事への出席者増加を図るため、地区担当制を導入する。

二. 長野支部規約を改正し、副支部長の定員を6名に増員する。

三. 役員人事

   ①牧聰氏を副支部長とし、須坂・高水地区担当を委嘱する。

   ②更級尚氏を幹事とする。

   ③幹事・北川正一氏が退任。


平成25年度 中央大学白門会長野支部 総会・懇親会

平成25年11月8日金曜日、ホテル国際21に於いて57名参加。

総会は、渡辺雅義副幹事長の司会で始まり、石井和男支部長の挨拶、

その後、全議事は異議なく承認された。

本年は、長野朝日放送・松坂彰久幹事の特別講演が行われ、

昨今の放送制作の現場の実情をお話しいただき、一同より喝采を博した。

続く懇親会。司会は、奮闘の松坂幹事。

来賓の浅田達夫父母連絡会長野支部支部長の乾杯のご発声で開会。

盛会の中、7名の初参加者が登壇、新たな縁を記した。

次いでは、今やレジェンドたる箱根駅伝6連覇の英雄・若松軍蔵幹事が

颯爽と登壇。再び栄光の座を掴む時を熱望しつつ、

力強くも温かいエールを後輩達に贈った。

クライマックスは、一同が一つの輪となり 、

「惜別の歌」「応援歌」「校歌」の熱唱。

締めは、塚田壮一幹事の迫力満点のエール。

山口文男顧問の閉会の辞で、熱気覚め遣らぬまま、晩秋、恒例の集いは、

名残り惜しくも幕を閉じた。

(事務局幹事・山本直人)